施設案内Facility

キーズビットは理想のカラダになりたい人に寄り添いサポートするパーソナルジムです。ジムのこだわりや施設設備、営業時間などの情報はこちらからご確認ください。

  1. KEYSBITとは

  2. KEYSBITでの1日の流れ

  3. 施設のご案内

  4. 営業時間・アクセス

お腹と二の腕同時痩せ【ぽっこりお腹をへこます】【二の腕を細くする方法】

筋トレ

こんにちは!KEYSBIT横浜パーソナルトレーニングジムの間弓隼です。
今日は効率よくお腹と二の腕を同時に引き締めるトレーニングを紹介します!

お腹周りや二の腕についてしまったお肉

現代人の生活スタイルを考えると、人によってはお腹や二の腕の筋肉は積極的に使えていない筋肉かもしれません。
当然のことながら、使わない筋肉はどんどん弱くなり良い意味での筋のハリがなくなってしまうので、見た目も徐々にたるんできてしまいます。
特にお腹の筋肉は、日頃の姿勢によっては弱くなっているだけでなく柔軟性も低下し、筋肉が機能的に動きづらくなっている場合も多々あります。
筋肉を本来の長さで最大限伸び縮みさせることで、健康かつ見た目も綺麗なスタイルになります。

お腹が出る原因

お腹の例を考えてみましょう。一重にお腹がでると言っても様々な原因があります。
食生活の乱れにより、お腹まわりに内臓脂肪や皮下脂肪がついてしまった人。
そこまで食生活は悪くなくても、姿勢不良によって腹筋が弱くなりたるんでいる人。
どちらにせよ腹筋を強化することは有効なのですが、特に後者の姿勢不良によりお腹が出てしまっている方は筋トレが有効です。
逆に言えば、食生活に問題がある方がいくら腹筋をやったとしても多少の引き締め効果は期待できますが、残念ながら劇的な変化を望むのは厳しいでしょう。
皮下脂肪は筋肉よりも表層についているので、まず体脂肪の全体量を減らさないといけないわけです。

姿勢不良によりお腹が出やすい方でみられる多いパターンは『骨盤過前傾』タイプの方です。いわゆる、“反り腰”ですね。
反り腰の人は骨盤が過度に前傾している事によって、腹筋が慢性的に伸ばされている姿勢なのでお腹の力が入りづらい姿勢です。
見た目としては、下腹部辺りが出てしまうぽっこりお腹ですね。
こういう方は腹圧も入りづらい状態になっていますから、腹直筋という皆さんが思っているいわゆる表層の腹筋だけではなく、深いところで腹圧を入れる役割をしてくれている腹横筋というインナーマッスルも鍛える必要があります。

ぽっこり出てしまったお腹や二の腕の振袖を落とす為には

これまでの話をまとめると、
・食生活が原因でお腹まわりについてしまった脂肪は、食生活の改善を第一優先に
・姿勢不良によりぽっこりお腹になってしまっている人は、弱った筋肉を鍛えて引き締める

お腹を具体例に出しましたが、二の腕も考え方は基本的に同じです。
体のどこであろうが、体についている体脂肪の絶対量が多い人はまず食生活を改め、体脂肪を標準値くらいまで落とさなければいけませんし、姿勢不良や体の歪みによって崩れてしまった部位は、適切なトレーニングやストレッチによって根本的なアプローチが必要です。

ということで、今日は特に女性の皆さんが気になっているであろう、ぽっこりお腹と二の腕を効率よくいっぺんに鍛えることができる種目を紹介します!
このブログにアップしている動画は自宅で出来るシリーズなので、動画を再生しながら是非そのまま一緒にやってみてください!

関連記事

この記事へのコメントはありません。